KYCポリシー

ポリシーと手順は、ユーザー(KYC)のユーザーデューデリジェンス(CDD)の内部リスク査定を把握します。

SHAMBARA NV 登録番号154158のキュラソーの法律に基づいて設立された株式で限定されている会社であるSHAMBARA NV は、Abraham de Veerstraat 9ウィレムスタッド、 キュラソー(ホスト国)です。

このポリシーの目的は、SHAMBARAの製品とサービス、およびその子会社と関連会社が犯罪の収益を洗浄するために使用されないようにすること、およびすべてのユーザーが彼らの義務を認識し、対抗するために警戒を続ける必要があることを確認することですマネーロンダリング/テロ資金調達。

範囲

この方針は、シャンバラを経由して送金されたその関連会社および子会社の事業を含む、シャンバラの事業に適用されます。

KYC、CDD AML / CFTに関するホスト国の規制への準拠には、以下が含まれます。

  • AML法の遵守 
  • KYC、CDD AML / CFTに関する規制部門の要件の遵守。
  • KYC、CDD AML / CFT、およびその後の更新に関するホスト国の法律/規制の遵守。
  • FATF勧告。
  • 該当する場合は規制上の制裁措置を含む、国際基準とガイドライン 

ユーザーのデューディリジェンスとお客様の知識

ユーザーとしてログインする場合、その過程でアカウントの開設時に最小限のドキュメント/情報を提供する必要があります。さらに、必要に応じて、ケースバイケースで追加のドキュメント/情報を取得できます。重要な点は、匿名または明らかに架空のアカウントを開かないことです。

ユーザーが、 https://www.xigolo.com/home/ プラットフォーム内で引き出しを行うことを選択した場合 、完全なKYCプロセスを実行する必要があります。

このプロセス中に、ユーザーは自分自身に関するいくつかの基本的な詳細を入力してからアップロードする必要があります 

1)IDの証明(ドキュメントによっては、場合によっては表裏が異なります) 

2) 身分証明書を持っている自分の自撮り

3) 銀行取引明細書/公共料金 

情報がアップロードされると、ユーザーは「一時的に承認された」ステータスを取得し、ドキュメントは私たちの側にあります。「KYCチーム」は24時間以内にそれらを確認し、結果についてユーザーにメールで送信します。 

    承認

    拒否

    追加の詳細情報が必要です–ステータスに変更はありません

ユーザーが「一時的に承認された」ステータスの場合、 

–   彼らは通常プラットフォームを使用できます 

–   出金不可

–   アメリカ合衆国とその領土、フランスとその領土、オランダとその領土、およびボネール、シントユースタティウス、サバ、アルバ、キュラソー、シントマールテン、オーストラリアとその領土、グレートイギリスを含むオランダ王国を形成する国英国、北アイルランド、キプロス。

KYCプロセスのデューデリジェンスの強化

1) 身分証明書

  1. 署名あり
  2. 以下は制限された国ではありません:アメリカ合衆国とその領土、フランスとその領土、オランダとその領土、およびボネール、シントユースタティウス、サバ、アルバ、キュラソー、シントマールテンを含むオランダ王国を形成する国、オーストラリアとその領土領土、イギリス、北アイルランド、キプロス。 
  3. 氏名はユーザーの名前と一致しなくてはならない 
  4.  提出書類は発行後3ヶ月以内の有効なものである必要があります
  5. 年齢は満18歳以上でなければならない 

 

2) 居住証明

  1. 銀行取引明細書または公共料金領収証
  2. 以下は制限された国ではありません:アメリカ合衆国とその領土、フランスとその領土、オランダとその領土、およびボネール、シントユースタティウス、サバ、アルバ、キュラソー、シントマールテンを含むオランダ王国を形成する国、オーストラリアとその領土領土、イギリス、北アイルランド、キプロス。 
  3. 氏名はクライアントの名前と一致し、ID証明書類の名前と一致する必要があります 
  4. 発行日:過去3か月 以内 

 

3) ID証明書の自撮り写真

  1. 自撮り写真本人は、上記のID証明書の本人と同じである必要があります 
  2. ID文書は「1」と同じです。写真/ ID番号が同じであることを確認してください 

1) KYCプロセスが失敗した場合、理由が文書化され、システムにサポートチケットが作成されます。チケット番号と説明がユーザーに返信されます。

2) すべての適切な文書が私たちの所持したら、アカウントが承認されます。

上記の要件を遵守できない場合は、口座開設や取引関係の解除を行う場合があり、不審な取引報告を提出するものとします。

リスクアセスメントは、アイデンティティ、収入の性質、資金源、場所などに関して取得した情報に基づいて、既存および将来のすべてのユーザーに対して実行する必要があり、そのようなアセスメントの結果に基づいて、ユーザーを高リスクに分類します。中リスクおよび低リスクのユーザー。 

ユーザーがハイリスク*に分類されている場合、そのようなユーザーに対応するときは、拡張デューデリジェンス(EDD)が必要です。HIGH-RISKユーザーのアクティビティとトランザクションは監視されます。そして 

1)ユーザーが完全なKYCに合格していない場合、ユーザーは引き出すことができません

2)ユーザーがKYCプロセスに成功した場合 

  1. トランザクションごとの入金限度額があります
  2. 引き出しの前に、ユーザーのアクティビティと残高の詳細なアルゴリズムと手動によるチェックが行われ、引き出し金額がプラットフォームでの適切なアクティビティの結果であるかどうかが確認されます。 

いかなる状況においても、ユーザーは別のユーザーに直接資金を送金することはできません。 

*国または地域のリスク要因

国または地理的リスクは、ユーザーの場所、ユーザーの取引先の起点、その場所、および地理的単位の場所のために発生する可能性があります。国または地理的リスクは、他のリスクカテゴリと組み合わせて、ML / TFへの潜在的なエクスポージャーに関する有用な情報を提供します。高リスクを示す可能性のある要因は次のとおりです。 

(a)十分なAML / CFTシステムがないと、FATFなどの国際機関による相互評価または詳細な評価レポートや公開されたフォローアップレポートなどの信頼できる情報源によって特定された国。 

(b)制裁措置、禁輸措置、または例えば国連によって発行された同様の措置の対象国。 

(d)信頼できる情報源によって腐敗のレベルが高いと特定された国、またはテロ活動に資金や支援を提供していると信頼できる情報源によって特定された地域、または国内で活動するテロ組織を指定している国。 

(f)ユーザーと受益者が拠点を置く管轄区域。 

(g)ユーザーおよび受益者の主な事業所である管轄区域。

 

 

ja
en_US en_GB zh_CN ko_KR zh_TW ja